不動産売却を
成功させるポイント

不動産売却を成功させる第一歩は、信頼できる不動産会社を選べるかどうかです。お客様の声を親身になって伺い、利益を最大化させてメリットを最優先できる担当者を見極めるために必要なポイントを、松原市・堺市で不動産売却を手がけるリアルターがご紹介いたします。また、適正な査定評価のポイントと物件種別ごとに抑えておきたい成功のコツもお伝えいたします。

  • TOP
  • 不動産売却を成功させるポイント

PointHow to choose 不動産会社の選び方

不動売却成功のカギは不動産会社選びにあります。お客様のことを第一に考え、適切な査定と丁寧な説明をするそんな頼れるパートナーを選ぶコツをご紹介します。

客第一で対応してくれるか?

顧客第一で対応してくれるか?

売主様にとって不動産会社は売却の成功を一緒に目指すパートナーであるべきです。ですから、売主様を第一に考え、売主様の話を親身にお伺いし、売主様のご希望を叶えるために活動する、そんな信頼できる不動産会社を選びましょう。

とはいえ、大手不動産会社の場合は担当者一人ひとり能力や性格などに違いがあります。また、数多くの案件を抱えていることも少なくないためお客様ただおひとりを最優先させることは難しい側面があるのも事実です。

しかし、リアルターは代表自らがすべての業務を担当いたしますのでフットワークが軽くスピーディに不動産売却を進められます。また、お客様との信頼関係を大切にしていますので、不動産売却のメリット・デメリットはもちろんお取引に関するさまざまな情報を包み隠さずお話しさせていただいております。

大手不動産会社ではなかなか難しいことかもしれませんが、地域に根ざしお客様の声を大切にするリアルターはお客様第一にサポートいたします。

い込みに注意

囲い込みに注意

不動産売却では「囲い込み」と呼ばれる行為をする不動産会社があります。囲い込みとは、不動産会社が売主様・買主様双方の手数料を独り占めするために工作する行為です。

たとえば、他の不動産会社から購入希望のお問い合わせがあったとしても「すでにお申し込みの方がいます」と嘘をついて他社に紹介をせず、自社で不動産物件を囲い込んで買主様を探して双方の仲介手数料を独占します。

もちろん当社では囲い込み行為は一切行いません。むしろ、地元を含む1万社以上の不動産会社に情報を提供し、幅広く買主様を探します。これは売主様がよりよい条件で物件を売却していただくために必要なことだからです。

域相場にあった
適正査定をする会社を選ぶ

地域相場にあった適正査定をする会社を選ぶ

どんな方でも「少しでも高く売りたい」と思うのは当たり前ですが、「高額な査定」を理由に不動産会社を選ぶのは危険です。地域相場にあった根拠ある査定価格を提示できる不動産会社を選ぶようにしましょう。

査定額は、地域相場や物件の状態を考慮して「3ヶ月以内に売れると想定される価格」が適正です。確かに高額査定の方が嬉しいものですし、期待ができると思ってしまうかもしれません。しかし、地域相場からあまりに遠ざかった現実味のない価格だと物件は売れにくくなるものです。最悪の場合、売却期間の長期化や納得のいかない値下げを行わなければいけない事態になります。そういった意味では、むやみに高い査定額を提示する不動産会社はお客様の利益を考えない会社であるといえます。

リアルターではお客様の利益を最優先に考え、地域相場にあった根拠のある適正査定を行っています。査定についての疑問やご質問にも丁寧にお答えし、お客様にご納得いただいた上でご契約・販売活動をすすめます。

高すぎず安すぎない、本当に売れやすい適正査定をご希望でしたらぜひ当社にお気軽にご相談ください。

PointKey points for successful sale 物件種別ごとの売却成功のポイント

戸建住宅、マンション、土地とそれぞれの物件種別ごとに売却成功のポイントが違います。それぞれどのような点を重視すべきか、まとめてご紹介いたします。

建住宅を売却させる成功のポイント

戸建の売却を成功させるために大切なのは地域相場の確認と不動産会社選びです。また、物件そのものの魅力を売主様ご自身が理解しておくことも大切です。

地域相場を把握しておく 自分の物件の魅力を知る 信頼できるパートナーを選ぶ

不動産には地域ごとに相場がございます。不動産情報サイトやチラシなどを活用して、所有物件のある地域相場をチェックしておきましょう。立地・土地面積・間取りなど類似する物件がどの程度の価格で売られているのかを事前に確認しておいてください。

戸建は物件の魅力が価格や売却期間に大きく影響してきます。交通の便や日当たりなど周辺環境や立地はもちろん、築年数や間取りなど建物そのものの状態も把握しておきましょう。こうしたアピールポイントを把握しておけば、内覧時に購入希望者様へスムーズにお伝えできるので、信頼感を得やすく売却に一歩前進しやすくなります。

大切な物件の売却パートナーとなる不動産会社は戸建住宅の取引を得意にする会社を選んでください。

  • 使用している宣伝媒体は何か
  • 地域はもちろん広範囲にネットワークがあるか販売活動を進める上でどのような工夫をしているのか
  • 進捗報告の頻度と内容に納得いくかどうか

ンション売却の成功のポイント

マンションは戸建住宅と違って住み替えや住宅ローンなどが絡むことが少なくありません。そのため、マンションならではの成功ポイントがございます。

相場を理解しておく 不動産会社選びが大切 アピールポイントをまとめておく

不動産には相場があり、あまりに地域相場とかけ離れた価格では売れにくくなります。不動産情報サイトやチラシなどを確認し、立地や築年数、間取りなどが類似するマンションの販売価格などをチェックしておきましょう。複数の物件とその価格を見比べていけばその地域の妥当な売却価格の見当がついてきます。

不動産会社は売主様にとって大切なパートナーです。実は不動産会社によって不動産売買が得意なところもあれば賃貸・管理や相続物件の活用などを得意とするところがあります。マンションを売却するのであれば、不動産売買が得意な会社を選びましょう。

また、ネットワークの広さ・深さも重要なポイントです。地元はもちろん、さらに幅広くネットワークを持つ不動産会社であれば物件情報を多くの購入希望者様にお届けできます。それだけ売却できるチャンスが広がりますのでネットワークに強みのある会社を選びましょう。

そして売主様のご希望やご事情をしっかりお伺いし、利益を実現するために動いてくれるような顧客優先主義であるかどうかも、査定依頼や無料相談などを通して確認しておきましょう。

不動産売買において、売主様はもちろん購入希望者様も希望だけでなく不安を抱えています。「自分のものになるのは嬉しいけど本当に住みやすいのだろうか?」そういった不安を解消するのは、実際にマンションに住んでいた売主様の生の声です。

内覧時には購入希望者様の不安を解消し希望を膨らませられるような魅力をお伝えできるようにしましょう。そのためにも、事前に「道が広くて通勤通学がしやすい」「駅前のスーパーもいいが、近所の八百屋がとても安い」といった図面や各種書類にはないアピールポイントをまとめておくてください。生の声が購入希望者様の心にささればささるほど、好条件での物件売却が近くなります。

地売却を成功させるためのポイント

土地は戸建住宅やマンションの売却とは異なる点が数多くあります。土地売却を成功させるために知っておきたいポイントをいくつかご紹介していきます。

不動産会社は土地売却に強いところを
不動産会社は土地売却に強いところを

土地の売却をスムーズに進めるためには賃貸管理を得意にする会社よりも不動産売買、特に土地売却を得意にしている不動産会社を選ぶべきです。担当者に土地売却の実績を確認したり、さまざまな質問をして知識や経験が豊富家を見極めていきましょう。また、地域密着の不動産会社であれば、周辺地域の相場を把握していることがほとんどです。過去の土地相場の推移なども合わせて確認し、信頼できる会社を選んでいきましょう。

情報力のある不動産会社を選ぶ

不動産の中でも土地は相場の把握がとても大切です。というのも、土地相場は社会や経済の動きに左右されやすいからです。

  • 宅地造成
  • 道路建設
  • 鉄道建設
  • 基準地価の発表
  • 都市再生特別措置法区域の指定
  • オリンピック等注目される出来事

こういったタイミングでは地価が大きく上昇する可能性が高くなります。つまり、このような情報をいかに早くキャッチしてお客様にスムーズにお伝えできるような、情報力のある不動産会社を選ぶようにしましょう。

見極めのポイントとしては、地域に横のつながりを持ち、さらに広範囲なネットワークを持っている不動産会社ならば信頼できます。

PointPoints of assessment 査定評価のポイント

誰でも不動産会社が提示してくる「物件の査定額」は気になるものです。思っていたより高くても・安くても「本当にそれは適正なの?」と不安に思う方もいることでしょう。

ここでは不動産会社が物件の査定でどのようなところを確認しているのか、評価を左右するポイントはどこなのかをわかりやすくご紹介します。

周辺の環境 周辺環境は査定に大きく影響します。駅や商業施設、学校などの公共施設が近くにある物件は良い周辺環境であると評価され、査定額も高くなりやすいです。
日当たり 湿気の多い日本では日当たりの良さも重要視されるポイントです。南向き物件やひな壇物件は日当たりが良いことから高評価となります。
隣接する道路 土地と接する道路がどの方位にあるかも査定に影響するポイントです。高評価になりやすいのが南面道路や角地で、逆に北面道路や物件周囲が建物に囲まれている場合は評価が下がりやすい傾向にあります。
土地の形 一般的に長方形の土地は建物を建設しやすく日照時間が長いため評価が高くなります。逆に変形地や狭小地や建設がしにくく評価が上がりにくい傾向にあります。
幅員 建築基準法では原則として幅員4m以上の道路に2m以上接した土地でなければ建物を建設できないと定められています。そのため、幅員は4m以上の方が購入後の自由度が高いことから評価が高くなります。
物件の状態 中古物件ならば築年数や各種設備の状態が確認されます。更地売却であれば土地の上に不要なものがあると査定評価が低くなりやすいです。
社会的・経済的状況 土地は社会や経済の動きに影響されやすく、将来的に発展する地域に属する土地であれば高評価になりやすいです。増税の予定などでも変化しますので確認しておきましょう。

定評価を少しでも良くするコツ

立地、日当たり、土地形状などはたとえ評価を下げる可能性があるとしても、変えることはできません。社会的・経済的状況は物件そのものの特性ではありませんが、こちらも所有者様がコントロールは不可能です。

しかし、査定評価が不変で絶対に変えられないかといえばそうではありません。査定前にちょっとした工夫で評価を良くできる可能性があります。いくつかまとめますので参考にしてみてください。

生の声を感じられるインテリア

築年数が経っていても大切に住んでいた物件は雰囲気があります。掃除が行き届いて清潔感があり、所有者様のセンスを感じられるような整ったインテリアは購入後の生活をイメージしやすく査定額をアップさせる可能性があります。

実際、査定だけでなく内見でも古い物件でも所有者様が幸せな生活を送られていたことがわかる雰囲気は、購入者様への大きなアピールポイントとなります。

掃除やインテリアの充実は不動産売却に良い影響を与える可能性が高いのでぜひ試してみてください。

水回りの清潔さ

トイレやキッチン、浴室などの水回りはカビなどの汚れ・臭いが発生しやすい場所です。

あまりに水回りが汚れていると「大切に使われていない」「見た目以上に劣化している可能性がある」と判断される可能性があります。

少しでも印象を良くして査定評価をアップさせるためにも、水回りは清潔にしておくようにしましょう。

臭いや汚れ

誰もが感じたことがある「他人の家の臭い」。多少であれば気にはなりませんが、ペット臭やタバコ臭などは多くの方にとって悪臭です。しかもこびりついた臭いはとれにくいため査定に影響する可能性が高くなります。

査定評価をアップさせるためにも、できる限りの消臭対策をしておきましょう。

不動産売却をお考えの方

空き家・空き地を所有している方

相続による不動産売却

相続物件の売却についてはこちら

管理するのが大変

収益・投資物件の売却

収益・投資物件の売却についてはこちら

アルターについて